音更町(河東郡)で転職!老人ホームの介護士転職求人!

音更町(河東郡)で転職!老人ホームの仕事

これから高齢化が進む社会で、ますます需要が高まると言われている老人ホーム。
「特別養護老人ホーム」や「有料老人ホーム」など高齢者が生活する施設では、どういったスタッフがどのような仕事をしているのでしょうか。
今回は、老人ホームで働く「介護職員」の仕事内容についてご紹介したいと思います。
入居者が人生を終える場所となる老人ホーム。
その最期のときを迎えるまで、入居者の介助を行うのが介護職員の主な仕事です。
認知症などで要介護認定を受けた方が入所する「特別養護老人ホーム」では、精神的にも肉体的にも常に介護が必要なため、24時間のシフト制で介護職員が勤務しています。
具体的な仕事内容としては、食事や入浴、排泄の介助など、日々の生活に寄り添ったものになります。
また入居者が楽しめるようなレクリエーションの企画や実行、事務作業などが仕事内容に含まれる施設もあります。
一方、介護を必要としない高齢者も入居できる「有料老人ホーム」は、施設というよりは入居者の自宅といった意味合いが強いと言えます。
そのため、特別養護老人ホームに比べて入居者の自由度が高く、介護職員の肉体的負担が比較的少ないと言われています。
音更町(河東郡)で転職!
老人ホームの
30秒簡単登録はコチラ!

30秒登録カイゴジョブ申込み

介護士さんを募集してる音更町(河東郡)の介護施設

介護の資格をお持ちでなくても大丈夫!
就職してからキャリアアップする事も出来ますし、まず、あなたが無理なく勤務出来るのか?
実際に介護の仕事に就いてから考えても遅くはありません。
あなたの希望通りの就職をお手伝い!
仕事も大切!でも自分の生活が充実してないと・・・
音更町(河東郡)の人気の介護施設の募集は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのがコチラで非公開の介護施設の求人を探す方法です!

介護職は、今後もニーズが高まる仕事です。

人口の逆ピラミッドからも分かるように、今後は介護職はなくてはならないものであり、どんどん需要が増えていくことでしょう。
また、介護職に携わっていれば資格や技能も活かせますし、長く続けるほど、資格が増えキャリアアップが図れます。

せっかくの転職ですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設に就職・転職したいですよね。
ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、多角的にみて就職・転職先を見つけるのは困難です。

一度コチラを覗いて見る事をおすすめします。

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み

福祉用具専門相談員の仕事内容

福祉用具専門相談員 とは

【仕事の内容】
日常的かつ恒常的に使用する用具や、訓練のための用具、装着具についての相談(助言)やコーディネートを行うお仕事

①車いす、特殊ベッドなど、ご利用者ご本人の生活スタイルや住環境に合わせて最適な用具を選ぶための相談に乗り、アドバイスを行う
②用具の使い方、メンテナンスの仕方などのアドバイスを行う
③福祉用具購入やレンタルの際の助成書類作成補助 など

【勤務場所】
居宅・福祉用具販売店・介護老人保健施設(老健)など

【必要な資格】
介護福祉士・社会福祉士・義肢装具士・保健師・看護師・OT・PT・福祉用具専門相談員講習修了者 など

未経験でも大丈夫!
カイゴジョブ申込み

パート勤務するメリット

  • ご主人や子供と向き合う時間を持てる!

    お母さんは家庭の太陽でなければなりません。ご主人も子供も、外では気を使い、責任感を果たしてくたくたになって帰ってきます。家庭が充電場所になっていることが大事です。
  • 子供の成長に合わせて、労働時間を変えられる!

    子供が大きくなると、お仕事できる時間が変わってきます。土日も部活や塾に行き始めると、その間お仕事できるかもしれませんね。
    もっと大きくなると、お母さんがお仕事に行っててもちゃんとお留守番ができるようになります。そうなると、パート勤務ではなくて正社員としてお仕事できるようになるかもしれません。
    その時は、パート勤務で培った経験や知識を活かしてキャリアアップが図れます。
    今はそのための準備期間でもあります。


    ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、などを多角的・総合的に見る目を持っているのは、転職のプロです。
    自分1人で、多角的・総合的に検討するのは困難です。
    プロの力を借りて、スピーディにパート勤務をスタートさせるのがおすすめです。

  • オープニング介護施設多数登録
    カイゴジョブ申込み

    介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

    今すぐ求人を確認しよう!
    カイゴジョブ申込み



    検索数の多い介護施設

    ページの先頭へ