介護士さんを募集してる玉東町(玉名郡)の介護施設

介護の資格をお持ちでなくても大丈夫!
就職してからキャリアアップする事も出来ますし、まず、あなたが無理なく勤務出来るのか?
実際に介護の仕事に就いてから考えても遅くはありません。
あなたの希望通りの就職をお手伝い!
仕事も大切!でも自分の生活が充実してないと・・・
玉東町(玉名郡)の人気の介護施設の募集は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのがコチラで非公開の介護施設の求人を探す方法です!

30秒登録カイゴジョブ申込み

介護士・ヘルパーなどの資格を活かせるか不安?

介護の資格をお持ちの方は、その資格を最大限に活かせる介護施設で働きたいですよね。
介護の保有資格を最大限にいかせる介護施設はどこでしょう。

◇ヘルパー(介護職員初任者研修課程修了)
◇実務者研修
◇ケアマネジャー
◇介護事務
◇サービス提供責任者
◇生活相談員
◇機能訓練指導員(PT/OTなど)
◇管理栄養士
◇送迎ドライバー
◇介護福祉士
◇実務者研修
◇社会福祉主事任用
◇児童発達支援管理責任者
◇資格を保有していない

無資格でも安心してください。大丈夫です。

介護の資格を最大限生かす働きかたを教えてくれるのは、転職を支援している介護求人検索サイトです。

その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を検討して、納得のいくお仕事探しができます。

もし、インターネットを使って求人情報を探すのが苦手という方であれば、電話にてご相談いただくことで、スタッフが ご希望に沿った求人を探すといったサービスも提供しております。
なおご案内した機能、サービスの利用は完全無料となっております。

このように、どなたでも安心してご利用いただけますので、介護業界での転職をお考えであれば、是非介護求人サイトご登録ください。

高齢社会の時代に介護の現場で働いてみませんか?

今こそ高齢社会の時代に介護の現場で働いてみませんか?

日本の高齢化率は、2010年には、23.1%が65歳以上となり75歳以上が10%を超えています。

そう、約4人に1人が高齢者、その中で75歳以上が10人に1人いるわけです。

この高齢社会を支える仕事こそが、介護職です。

介護施設ではあなたを待っています。

介護の仕事は、身の回りのお世話することだけだと思っていませんか?

ただ大変な仕事としか思ってませんか?

しかし介護施設は、地域とのかかわりあいや、季節の行事などを積極的に行い、利用者だけでなく、自身も楽しむ場であります。

自分が、何年、何十年か先に入るかもしれない場所をみんなで力を合わせて、より良い場所にしましょう。

行事では、自分の特技を生かせることもあります。今の仕事にやりがいを感じていないあなたこそ、この仕事に生きがいを求めてみませんか?

パートで介護職につくメリット

  • 介護の知識が身に付く!

    今後は、親の介護もしないといけなくなります。その時に必要な知識や技術を身につけることができるのは嬉しいですね。
    例えば、認知症予防や、対応など、知らないと精神的苦痛や負担が大きくなりがちです。暴れや徘徊の知識があっても、「本人の性格が変わった」のではなく「病気によるものであって、本心ではない」と分かり、親や自分を責めなくていいと気づくことで、日々の精神状態が大きく変わり穏やかに過ごせます。

  • 人生の先輩から学ぶことがたくさんある!

    利用者さんたちが今まで生きてきた価値を考えながら仕事をすることで、自分の生き方の気づきがたくさん得られます。仕事にとりくんでいる時間は、できるかぎりの笑顔と福祉の気持ちで、自分のベストを尽くす。そうすると、たくさんの学びが見つかります。

  • 経験を積むことで、キャリアアップが目指せる!

    まずは介護職員初任者研修の資格をとって、働きながら「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」とステップアップしようと考えている人が多いようです。
    厚生労働省今後のキャリアパスに沿って働いて、お子さんが大きくなったときに資格が取れるように準備をするのもおすすめです。
せっかくですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設でパート勤務したいですよね。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

人気介護施設求人情報:地域検索

ページの先頭へ